福岡、西中洲の和食「日本料理 ゆるり」

あゆ三昧弁当 夏季限定販売です。:ゆるり 福岡、西中洲の和食、日本料理

あゆ三昧弁当 7月~8月末日までの期間限定販売です。

夏の旬魚ですので「夏季限定」です。

鮎を食べ尽くす、あゆ三昧のお弁当です。

コアな「あゆマニア」「あゆファン」のためのお弁当です。

塩焼、甘露煮、など鮎を存分に味わって下さい。

詳しくはこちらから・・・夏季限定~あゆ三昧弁当~

 

土用の丑の日 2020 うなぎ弁当夏祭り:ゆるり 福岡西中洲の和食、日本料理

ゆるり「うなぎ一本弁当」夏祭り 開催決定

土用の丑の日 2020 今年は7/21(火)と8/2(日) です。

追記:6/30ちょっと予定変更です。

7/21は火曜日です。いやいや平日ですね、祭り感が足りません。

そこで祭りの日程を追加?したいと思います。

一の丑 7/21(火)を最終日に7/18(土)~21(火)の4日間

二の丑 8/2(日)は前日の8/1(土)の2日間、祭を開催します。

お値段も少しお安くなりました。

祭りです(笑)。うなぎを一本使ったお弁当、特別に作ります。

こちら普通の「うなぎと出汁巻のお弁当」

うなぎでコロナ疲れを吹っ飛ばそう!という夏祭りです。

詳しくはこちら→土用の丑の日 うなぎ特別弁当はこちらへ!

ご予約お待ちしています。 092-725-6870     ゆるり まで。

 

個室のご紹介:福岡、西中洲の和食、日本料理 ゆるり

個室のご紹介、ご会食やデートにどうぞ。

個室1 2名様でご利用いただいている個室

4名掛けのテーブルですが2名様でご利用いただいている個室です。

窓からは国体道路の夜景が望めます。春、秋には西日が差し込み自然な暖かさが心地よいお席です。

個室2 2名様~4名様でご利用いただいている個室

6名掛けのテーブルを2~4名様でご利用いただいている個室です。

シンプルな内装ですが、テーブルの大きさ、左右のお席の距離感から一番人気の個室です。

お客様の使い勝手が良いように個室の左右に出入口があります。

※4名様でのご利用の場合は個室3のお席をおすすめしております。

個室3 4名様~8名様でご利用いただいている個室

8~10名掛けのテーブルを4~8名でご利用いただいている個室です。

当店で一番広い個室になります。隣にお部屋が接してない独立した個室です。

4~6名様でのご利用の場合はかなり広く、ゆったりとした空間となります。

ご予約当日の状況によりますが、8名様でのご利用の場合は貸切も可能です。

その場合も個室料、サービス料は勿論、別途、貸切料金をいただくこともありません。

こういうご時世ですので。

どのお席もお料理やお酒を並べても狭くならないように、お隣のお席が近く感じないように、広めに設えてあります。また、空調、換気を考慮して天井付近を吹き抜けにしてあります。

お客様に満足していただくために必要なものは素材の良し悪しや献立の妙だけではありません。お食事を楽しむ空間、時間もお客様に満足していただくために大切なことです。

一応カウンターもありますが、今は「個室押し」です。

ご予約はこちら 092^725-6870 ゆるり まで。

               公式HPはこちら→http://kaiseki-yururi.com

なんだかすごいOO弁当:ゆるり 福岡、西中洲の和食、日本料理

※試作品2号機

なんだかわからないけど凄い内容だ!

という、「海苔弁」を作りたいわけです。

海苔弁とは?・・・ご飯の上に海苔が乗ったお弁当全般。日本国内で多く消費され、最もポピュラーなお弁当と言っても過言ではない。主に「おかか、金平牛蒡、白身フライ、竹輪の磯辺揚げ」などがおかずとして共に盛り付けられており、製造業者によっては「鮭の塩焼、コロッケ、唐揚げ、辛子高菜、卵焼き」などを加えているところもある。

比較的に「安価」な部類のお弁当として「唐揚げ弁当」同様、人気があるが、最近では1,000円を超える「高級海苔弁」も密かに人気を集めている。

という「個人の勝手な分析」です。海苔弁を食べたことが無い方はあまりいらっしゃらないでしょうから説明は不要ですね。

白飯、おかか、海苔さえあれば「海苔弁」。

という解釈です。後は何してもOKでしょ?では試作の内容を。

・土鍋で炊いた白飯 ・一番出汁に使う鰹節で作ったおかか ・何となく買った海苔 ・国産紅鮭中塩 ・銀鱈味醂 ・ほぼカニな蒲鉾 ・埋まらなかったので入れた稚鮎の南蛮 ・唐津産甘鯛のフライ ・鰻蒲焼 ・酢蓮根と酢茗荷 ・宮崎牛切り落としの有馬煮 ・出汁多めの出汁巻玉子 ・蒸鮑と明太子 ・隠元

何だかなぁ、あまり「すげー」感がないのだよ。

修正するなら、

・銀鱈味醂→銀鱈辛子西京焼・・・色の問題。黒より白。

・稚鮎の南蛮→やっぱりいらない。

・明太子と蒸鮑→明太子は昆布〆にして独立。蒸鮑とイクラをカップに入れる

・甘鯛フライ→真四角にして大葉(紫蘇)を挟む。タルタルはやはり無し。

あとは概ね良いかと。「ほぼカニな蒲鉾」とか案外お気に入り。

竹輪の磯辺揚げは入れないのか?

個人的に「お弁当の天婦羅反対派」です。冷めてフニャっとした天婦羅が大嫌いなので。美味いとは全然思えない。白身フライが限界です。

しかし、「金平牛蒡」は入れるべきでした・・・。ただ、普通に作るか、小ワザをきかせるか、は迷うところです。スゲー海苔弁にしたいのです(笑)

最後に「販売するかは決めていない」です。

個人的な趣味で終わるかもしれません。

いや、買うから作れって方はご連絡を。

092-725-6870 ゆるりまで。

追伸:結構な値段になりますよ。「安いなら買ってもいいよ」とかやめてね。